食事法で冬を乗り切る



北海道でミドリ薬品漢方堂を営む「ゆるゆる漢方家」の櫻井大典さんが 冬の食養生について話していたので紹介しますね。

まず、櫻井さんがおすすめする


冷え対策にいい食材はショウガです。 特に、寒い場所に行ったりして突発的な冷えや寒気を感じた場合におすすめなんだそうです。

ただし、常に冷えている人は牛肉を少しずつ食べるのがいいんだそうです。 胃腸を元気にして、熱のもとを補い血を増やして、流れやすくする力があるからです。

ショウガやゴボウと甘辛く煮て食べるのがおすすめの食べ方。 とてもおいしそうですよね。 大事なのは「少しずつ」食べることです。

そして、寒さからくる足腰の痛みには エビがいいんだそうです。 これは少し驚きますね。

冬は体が縮こまって、血流が悪化し足腰に痛みが出る人が多くなります。 エビは体を温め生命エネルギーのタンクである「腎」を元気にする力があり アンチエイジング効果が高い食材なんだそうですよ。

最後に、心の働きを整える食材です。冬の間、いつもよりドキドキしたり 不安感、のぼせ、落ち込みが見られる人は、五臓六腑の「心」が弱っている可能性があります。


「心」は心臓、精神情緒の働きに関与しています。

そんな人にはピーマンが おすすめです。ピーマンにはイライラを鎮めたり、気分を落ち着けたり 血流をよくする力があるんですよ。

いかがでしたでしょうか。 今日の食事から、取り入れることが できそうですよね。 寒い冬は体調も崩しがちですが「食養生」で心身ともに元気に過ごしたいですね。

Copyright ©株式会社プロジェクト・ルネサンス All Rights Reserved.