睡眠負債を解消するには?



睡眠時間に関する国際調査では日本はだいたいワースト1位か2位 なんだそうですよ。

厚生労働省が実施した、平成29年度の「国民健康・栄養調査」によると 1日の平均睡眠時間が「6時間未満」の人が男性では36.1%、女性では42.1%も いたんだそうですよ。さらに「5時間未満」の人が40代、50代で男女いずれも1割以上 という結果も出ています。 さらに日本人の平均睡眠時間は年々減少し続けているとのこと。 放っておいてはいけない状況ですね。

短い睡眠は生活習慣病に直結すると言われており、以下のような可能性があることが分かっています。

・食べ過ぎを抑制するレプチンという ホルモンが出ず、太る。 ・インシュリンの分泌や反応が悪くなって 血糖値が高くなり、糖尿病を招く。 ・交感神経の緊張状態が続いて高血圧になる。 ・精神が不安定になり、鬱病、不安障害 アルコール依存、薬物依存の発症率が高くなる。

読んでいるだけで、怖くなりますね…

ある研究によると 40分の睡眠負債を返すためには毎日14時間寝ることを 3週間続けなければならないという結果も出ています。

睡眠負債、簡単に返済することは難しいようですね。

短い睡眠時間で睡眠負債が蓄積すると 心身ともに、悪影響を与えてしまいます。


一人ひとりが、毎日の睡眠を十分にとることを心がけ 睡眠負債をためないようにしていきたいですね。

スパイアヘルスタグは、あなたの睡眠をモニターし、より質のいい 十分な睡眠をとることをサポートします。 詳しくはこちらをご覧ください。 https://www.projectrenaissancejp.com/



Copyright ©株式会社プロジェクト・ルネサンス All Rights Reserved.