歩きながら「マインドフルネス」



ハーバード大学医学部の根来秀行教授によると 歩きながらのマインドフルネスは記憶力アップにいいんだそうですよ。

人は場所を移動している時海馬が現在位置を検索しようと 活発に働き、記憶の形成に深く関わるθ(シータ)波が強く出ます。

特に初めての場所に行くと海馬がその場所を記憶しようとθ波をたくさん出すため 記憶力アップのためには行ったことのない場所を散歩するのがおすすめなんだそうですよ。

根来教授がおすすめする散歩しながらのマインドフルネスをご紹介しますね。

まず歩き始める前に、体の力を抜き何度か深呼吸します。 特に自分の足の裏の感覚に意識を集中し自然呼吸を数回行います。

足の裏から伝わる地面の感触を感じながら、ゆっくりと歩き始めます。 かかとが地面から離れる感覚や重心の移動、足の動きを感じながら歩き続けます。


慣れてきたら、脚、腕、肩、胸、首が1歩ごとにどのように動いているのか 意識を向けます。

これから暖かくなり、散歩が気持ちいい季節になりますね。 歩きながらのマインドフルネスぜひ実践してみてくださいね。



私はよく、スパイアストーンのマインドフルネス音声ガイドを聞きながら 散歩をしていますが、呼吸が深くなり気持ちが落ち着き、頭がクリアに なるんですよ。 春の新生活応援フェアを実施しております。 ストレス、睡眠、不安障害にお悩みのある方はこちらをご覧ください。 https://www.projectrenaissancejp.com/shop