新型コロナウィルス患者、慢性呼吸器患者の宿泊施設や自宅、福祉施設などでの療養者遠隔モニタリング

最終更新: 5月13日




スパイアヘルスタグは、患者と医療従事者のための衣類装着型リモート患者モニタリングができるウェアラブルです。

スパイア独自のヘルスタグセンサーは、24時間体制で、主に呼吸に関する医療グレードの生理学的データを捕捉します。


※ゴールドスタンダードEtCO2に対して検証済み

※脈拍数ECGに対して検証済み



スパイアのリモート患者モニタリングは、努力呼吸検知技術と地域包括支援センター、保健所、医療従事者を組み合わせて、患者の健康状態の変化を特定し、早期に介入します。

※ 努力呼吸とは、呼吸困難のため、吸気時に呼吸補助筋(胸鎖乳突筋など)を動かしたり、呼気時に内肋間筋や腹筋などを動かしたりして、努力的に行なう呼吸のことで呼吸困難の徴候の一つです。


患者データはダッシュボードを通じて24時間体制でケアチームと共有されます。


ヘルスタグは、リアルタイムのアラームシステムとしてではなく、長期的なモニタリングとして設計されています。

スパイアヘルスタグは市場で唯一のウェアラブル呼吸センサーです。

毎日の患者とのやり取りは必要ありません。

状態の変化を最も早く通知するための高度なアルゴリズムは個々の患者の生理機能を学習します。


確立された臨床ベースラインからの逸脱を自動的に検出し病院、保健所、訪問診療者などに通知されます。


努力呼吸の変動は、多くの健康状況における生理機能の衰退の先行指標です。



ヘルスタグは、長期にわたるトラッキングが可能な為、患者の新型コロナウィルス陰性後、再度陽性になった場合の健康状態の変化のデータ、通知の使用方法も有効です。コロナ後遺症に悩む患者のモニターにもお使い頂けます。



詳細はこちらです。

66回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示