冬のビタミンD不足に要注意



冬になると、朝、布団から出るのがすごくつらかったり 暗く寒い日に、気持ちが落ち込みやすいことはありませんか?



3万人以上のトップアスリートの栄養サポートを行っている 管理栄養士、川端理香さんによるとこれは、冬に起こりやすい ビタミンD不足が原因かもしれないそうです。

少し前まで、カルシウムの吸収を助ける程度の働きしか、認識されていなかった ビタミンDですが最近では筋肉をつけるため体調を整えるためにも大切だと 注目され始めた栄養素です。

ビタミンDは、日光に当たることで作られますが、日照時間が短い冬は 食事で摂取することが大切です。

川端さんによるとビタミンDを摂取するには卵、シラス、シャケ、サバなどが いいそうですよ。


魚は調理するのが面倒だという人には缶詰がおすすめです。

特に、一年中日焼け止めを塗っている女性はビタミンD不足になりやすいそうなので 食事で積極的に摂取したいですね。



これからの季節、特に天気が悪い日や疲れやすい、落ち込みやすいと感じる日は ビタミンDを摂取するよう食事を気遣ってみてくださいね。

Copyright ©株式会社プロジェクト・ルネサンス All Rights Reserved.