仕事に集中する為の5つの方法


一生懸命働いていても、実際には一日中集中力を保つのは難しいかもしれません。忙しい祝祭日前後は特にそうで、雑念が入り、仕事に集中するのが特に難しいと感じられるかもしれません。この記事では我々が集中力を保つ為に使用している手法を紹介させて頂きます。


1. 休憩を取る

休憩は心と体をリセットする為の有効かつ、簡単な方法です。コップ一杯の水を飲んだり、新鮮な空気を吸ったり、また可能であれば短い散歩に行ってください。足を5分間動かすだけでも素晴らしい効果があります。もちろん、重要なのは休憩を取る頻度だけでなく、その間に何をするかです

2. 呼吸を整える

次の会議や電話の前に机から立ち上がる時間がなくても、深呼吸をする機会は常にあります。息を深く吸い込み、できるだけ長く息を吐き出して体を落ち着かせ、ココロをリセットしてみてください。デスクに座っていても実施できる呼吸法を試してみてください。


3. 集中力を妨げるものを排除する

外部からの不要な「雑音」を全て排除する為にできれば携帯を機内モード(少なくともサイレント・モード)に設定し、デスクトップ上の通知もオフにしましょう。マルチ・タスキングはあまりにも多くの事柄に貴方の注意を分散させ、作業時間を長引かすことがあります。しかし、集中力を妨げるものを排除できない場合はニューヨーク・タイムズが発表したカーネギー・メロンの研究に基づいて上手く対処できる様に自分自身を訓練することができます。

4. 様々な音を試す

貴方は音楽を流しながら仕事をするのが好きですか。それとも静かな環境を好みますか。雑音が多い職場では音楽もしくは環境雑音を試してみて、集中力の向上に役立つか確認してください。喫茶店や公共スペースで働く方が集中できると感じる人もいれば、雑音が一つもない静かな環境を必要とする人もいます。試行錯誤しながら自分に合う環境を探し、可能な範囲で環境を快適にしていってください。また、インスピレーションを得るためにbrain.fmも確認してください。


5. 十分に栄養を取る

当然ですが、十分に栄養を摂取している方が集中力は持続します。例え少量でも朝食を取れば、昼食までエネルギーは補給されます。午後3時のおやつは休憩を取るのには最適で、夕方に多くの人々が直面するエネルギーの消耗を防ぐのにも最適な方法です。もちろん、他より効果が優れている食品がありますので、ご自身の体調を考えて残りの作業時間を乗り越えられる様にエネルギーを補充しましょう。


スパイアを所有されている方はこの方法を試し、一日を通して貴方の呼吸にどのような影響を与えるか試してみてください。それにより、より早く「集中」する為の呼吸リズムに入れるか確認してください。また、より長く集中できるか試してください。



4回の閲覧