今夜の深い眠りのために、このガイド付きの瞑想を試して下さい。 

 睡眠

疲労を蓄積すると、一日を過ごすことにも心身の負担は大きく、だるくて重い感じがするものです。

しかし、これは多くの人が日常に経験していることかもしれません。

米国疾病管理センターの報告によれば、成人の50%近くが推奨される最低7時間の睡眠をとっていないそうです。

10代ではさらに悪化します。推奨される1日8時間の睡眠をとっているのは、10代の25%未満です。



男女ともに半数近くが眠れないという問題を抱えています

睡眠不足は、認知能力や細かい運動能力を中毒患者のレベルまで低下させる可能性があります。

長期的には、睡眠不足は体重の増加、脳卒中のリスクの増加、免疫反応の低下につながります。私たちは昔と違って睡眠不足の流行の中にいるようです。

この記事では、なぜガイド付き瞑想が入眠を早め、睡眠の質を向上させる優れた方法であるかを説明します。最後に、睡眠と休息のためのカスタムメイドのガイド付き瞑想のセットで締めくくります。これは、今夜瞑想を開始してあなたの入眠を助けることができるでしょう。

では、なぜ人々は眠りに落ちることが難しいのでしょうか?

人々が十分な睡眠を得られない理由はたくさんあります。労働時間や子供の世話をしなければならないなど、自分の生活の一部は自分の責任でコントロールできません。

しかし、多くの場合、ストレス、不安などのために睡眠不足になることがよくあります。頭を枕にのせたとき、電子機器や日常生活からの気晴らしが取り除かれるとすぐに、あなたの心は過去、現在、未来に注意が向きます。思考の流れは、意識部分を最終的に解放し、眠りにつくことができるまで心を静めることは不可能です。

また、病気によっては、鼻づまりや逆流など、眠りの妨げになるものがあります。

これが睡眠不足の根本原因である場合は、これらを別々に治療する必要があります。

他の生活習慣の要因も、適切な睡眠をとりにくくしている可能性があります。

これには、カフェインやアルコールの過剰摂取、交代勤務、昼間の仮眠過多などがあります。

また、電子機器をベッドで扱ったり、就寝前に運動をしたりするなど、睡眠習慣が悪いことも含まれます。

これらの症例では就寝時のルーチンが改善されれば、眠れなくて困った状態が治癒する可能性があります。

しかし、しばしば、睡眠障害は情緒的および精神的苦痛によって引き起こされます。

多くの場合、睡眠障害は抑うつや不安が引き金となって起こります。

その結果、睡眠不足がこれらの状態を悪化させ、悪循環を作り出します。

本稿では、なぜ指導的メディテーションが、より良い睡眠の質を創り出すだけでなく、入眠を早める優れた方法であるのかについてお話しします。

一連のオーダーメイドの誘導式の睡眠と休息のためのメディテーションで、すべてを終了します。これは、今夜から始めて頂くことであなたの睡眠を助けるために役立つでしょう。

睡眠障害?

「睡眠のためのこれらの5つの誘導医学を試してみる」

ほとんどの人は、自分の心から物事の考えや考えを吐き出すことができない場合、眠れない夜を過ごすことを経験しています。

不安はあなたの心を支配します。落ち着きや落ち着きを感じる代わりに、心拍数や呼吸数が増加することさえあります。

実際、ストレス誘発性睡眠障害の成人の大半は、週に数回、これを経験しています。

米国人の80%がストレスを感じているので、疲労や睡眠障害があまりにも多いのは不思議ではありません。

実際、平均して成人は毎晩6.6時間しか眠らないというデータがあります。

眠っているにもかかわらず、女性の61%、男性の45%が、眠っていないと感じていると報告していることもあります。

しかし、睡眠不足や落ち着きのない夜のパターンを作り出すためには、私たちは特別絶え間なくストレスを受けていることを必要としません。

なぜならば、仕事をするためには、1日遅くまで立ち上がらなければならず、その後、睡眠周期を乱すことにつながったりもするのです。

そういう仕事をした翌日の夜は気分が良かったにもかかわらず、深い睡眠に入ることができないことがわかりました。つまり、いつ上がるべきか、いつ下降すべきか、身体は混乱しているのです。

夜中に目が覚め、仕事に気がついて、ノートパソコンがどこにあるのか不思議になるかもしれません。

これは、毎晩推奨される睡眠時間を取るように管理していても、ストレスが睡眠にどのような影響を与えうるかということを考える必要があるということです。

私たちの睡眠のほとんどは「軽い睡眠」です。

あなたは眠っていますが、夢ではありません:この状態から容易に目覚め、この時期に目覚めてもうずくような苦痛を感じることはありません。

そして睡眠の20%は「深い睡眠」です。

この状態では、最初は脳の活動が低下しますが、その後、レム睡眠に入ると上昇します。レム睡眠は急速眼球運動睡眠の略です。

睡眠の魔法はレム周期の間に起こります。それは夢と記憶の処理が行われるときです。

精神と身体が一日の過酷な仕事から最も回復できるようになるのは、深い睡眠中です。

何らかの理由で夜中に目覚めたとしても、全体的に8時間はしっかりと眠っている場合、睡眠の質は悪く、睡眠不足の影響に直面することになります。

メディテーションは、睡眠をとるのに役立ち、睡眠の質を高めるのにも役立ちます。

この記事を読んで、メディテーションが睡眠にどの程度役立つかを正確に学びましょう。

メディテーションはなぜ睡眠の質を高めることに役立つのでしょうか?

ハーバード大学医学部による2015年の研究では、睡眠のためのメディテーションが、最も重症なタイプである不眠症を含む睡眠障害に役立つことが示されています。

不眠症を経験している中高年を対象とした6週間の研究が、名高いJAMA Internal Medicine誌に掲載されました。

本研究では、参加者を2群に分け、そのうちの1つは、彼らにメディテーションとマインドフルネス運動を教えるマインドフルネス認識プログラムを完成させました。

他の群は、従来の睡眠衛生で簡単に指導しました。

睡眠障害?

6週間後に、毎日のマインドフルネスの実践を取り入れた群は、単に良好な睡眠衛生を教えた群よりも不眠、疲労、抑うつが少なくなりました。

この研究では、「マインドフルネス・メディテーションは、高齢者に多い睡眠障害の負担に対処する役割を担っているようである」と結論づけられました。

本研究から、睡眠メディテーションは、誰かが眠りに移るのを助けるのに十分なほど、心に鎮静効果があると思われます。

だが、それだけではないのです!

睡眠メディテーションは、睡眠を早くとるのに役立つだけでなく、睡眠をよくするのにも役立ちます。

ビパサナメディテーションの上級実践者は、同年齢の非メディテーション群と比較して、深部睡眠およびレム睡眠の状態の増強を示しました。

彼らは睡眠に対するメディテーションの利点を体験するために、ガイド付きメディテーションから始めました。

指導されたメディテーションは、あなたのメディテーションの実践から学習曲線を引き出し、あなたがメディテーションを達成するのを助ける友達がいるように感じさせてくれます。

呼吸、睡眠のメディテーション

スパイアストーンは、膨大な種類の誘導メディテーションを提供しています。

ここでは、睡眠メディテーションに最も適した選りすぐりのメディテーションをいくつか紹介します。

1. 深い眠り

このメディテーションは、ウェルビーングの第一人者ともいえる心身、心の専門家であるがディーパック・チョプラ博士が主催しています。

この強力な誘導されたメディテーションは、わずか12分間だけです。

バックグラウンドで音楽が優しく、サウンドトラックがリラックスできるように誘導しており、ストレスを解放したり、気持ちを落としたりするために、呼吸運動を行っていきます。

「呼吸ではなく呼吸しているように見せかける」ことで、心の忙しさを上回ることができます。


2. ショートボディスキャン

これは身体スキャンの道具を使って、巻き戻しを手助けする短いメディテーションです。

5分間の経過で、この指導的なメディテーションはあなたの身体にすべての注意をもたらします。身体的な感覚に集中することで、普段の心配から心をそらし、身体的な健康と身体を再認識します。

呼吸運動とボディーフォーカスを誘導しています。

3. ボディーコンパッション

この短時間ではありますが強力なメディテーションは、感謝を通してリラックスさせるのに役立ちます。5分間の経過の中で、このメディテーションはあなたの身体である奇跡に幸せと不思議を満たします。

また、一日中身体が激しく働いたときには、休息が必要であることを思い出させます。

思いやりを通して、それはあなたの心があまりにも自己中心的であることを止めるように、そしてそれがあなたの身体と同じくらい自分自身の利益のためにこだわりを捨てる必要があることを教えてくれます。

4. 静止状態

わずか3分で、落ち着かない身体を落ち着いた湖のように変えることができるこのメディテーションは、体の各部分に息を入れて息を吐き出すことを組み合わせたものです。

穏やかな音は、筋肉のリラクゼーションを通して、あなたを平和な不動の状態にします。

5. 心を静める

ディーパック・チョプラ博士によって導かれたこのメディテーションでは、呼吸を深めるために簡単な呼吸エクササイズを行います。

数秒間息を止め、長く息を吐き出すことができます。

チョプラ博士はこのメディテーションを通してあまり長く話さないので、一部のバックグラウンド音楽の穏やかなアンビアンスを楽しみながら深呼吸するようになります。

ストレスフルを安らかにする

睡眠がとれないために、アルコールや薬などの有害物質に目がいってしまうことに多くの人が不満を抱いています。

しかし、睡眠は食事、浴室へ行くこと、呼吸などと同じくらい自然な中核的な機能です。

睡眠は睡眠を妨げるものへの挑戦であってはならないのです。

毎晩安静な睡眠をとることが可能です。必要なことは、少しずつの習慣を変更し、ストレス管理を優先することです。

ストレスの軽減については、一日中、スパイアストーンのアプリと一緒に取り入れることを検討しましょう。

呼吸数をフォローし、ストレス状態になったときにメッセージを送ることで、リラクゼーションを楽にします。

数回の呼吸エクササイズや、すばやいメディテーションを通して、これらの瞬間に休息をとることで、あなたのストレスは最小限度になることが期待できます。

すぐに、穏やかな眠りがあなたの新しい普通の習慣になります。

瞑想、呼吸エクササイズで良質な睡眠、最高な気分でアクティビティな毎日を過ごして下さい。

Copyright ©株式会社プロジェクト・ルネサンス All Rights Reserved.