不安感が睡眠に与える影響について


一日の終わり。 おやすみなさいと疲れて眠り始めます。 しかし、あなたが横になって目を閉じるとすぐに、あなたの心は心配や不安でいっぱいになることがあります。 朝寝坊をせずに目を覚ますのを心配するかもしれませんし、今月の次のイベントについて心配するかもしれません。 時には、何百万もの心配事があるように思われ、それが十分な睡眠をとることを難しくしています。

不安に苦しんでいる場合、人は人生で少なくとも一度はこれを経験した可能性があります。 実際、54%の人は夜に不安に陥り眠りに落ちるのを難しくすると言います。 不安障害を患っている人は夜寝るのに苦労しています。 睡眠不足は健康に深刻な影響を与える可能性があり、不安を悪化させる可能性さえあります。

睡眠不足と不安の増加がどのようにして終わりのないサイクルを永続させているのか、また、睡眠習慣を改善するために何ができるかを学んでいきましょう。

眠気が不安を和らげる理由

睡眠の問題と不安は密接に関係している傾向があり、不安障害のある人の56-75%は睡眠に問題があります。不安がどのように私たちの心身に影響をもたらすか、および睡眠生理学の有益な情報を理解することは、なかなかむつかしいことかもしれません。

あなたが不安を抱えていてそれが気になるときは、体内でいくつかのことが起こっています。しつこい心配はあなたの脳にそれを考えないようにすることを導くことができません。また、体は筋肉に多くの緊張をもたらし、痛みを引き起こし、快適に過ごすことが困難になる可能性があります。

不安を感じるとき、あなたの体はストレス反応を活性化しています。潜在的な脅威を知覚すると、脳は扁桃体にアラームを送信します。扁桃体は感情の処理に関与しています。その後、扁桃体はそのアラートを視床下部に送信し、視床下部が交感神経系を活性化します。これがアクティブである場合、対処する必要がある脅威があると信じているため、あなたの体は戦闘または飛行モードに入ります。そして、このシステムがアクティブな場合、危険に対処する準備ができている必要があると考えているため、身体は休まないでしょう。

しかし、私たちの脳はまだ現代の生活に適応していません。クマに追われていることと、テストや面接でのパフォーマンスについて心配することの違いが実はわかりません。何が起きるのかを常に心配していると、脳は常にアラーム信号を身体の他の部分に送信しており、現在の不安を引き起こしています。

睡眠と不安障害に関する1つの研究では、身体のストレス反応が活発である場合、安静状態に入ることができないことが示されています。 たまに心配するだけの場合でも、深刻なパニック障害に対処する必要がある場合でも、不安状態は睡眠に悪影響を及ぼす可能性があります。

しかし、なぜあなたが眠ろうとしているときにこれが起こるのでしょうか? 横になって休むとき、その日の疲れを癒すような穏やかさはあなたにもたらされません。 代わりに、あなたはあなたの考えに捕らわれないようにすることでしょう。 しかし、あなたが心配を先延ばしにし、それらについて考えないようにしようとしている場合、あなたが眠り入ろうとしているときにそれらがポップアップします。 財政、仕事のパフォーマンス、または関係についての心配はあなたの心を悩ませ、休息を困難にします。 これは、眠りにつくことについてのストレスにつながり、あなたが眠ることをさらに難しくします。


睡眠不足と不安のサイクル

不安が睡眠障害を引き起こすかどうか、または睡眠不足が不安を引き起こすかどうかを知ることは困難です。すでにストレスが溜まっていると、夜は眠れなくなります。一方、眠っていない場合は、十分な休息が取れないことを心配します。

医学研究は、ある種の睡眠障害がほぼすべての種類の精神障害で発生することを示しています。実際、精神病患者の50-80%は何らかの方法で睡眠に苦労しています。脳の画像検査により、良い睡眠は精神的および感情的な安定に不可欠であることがわかりました。慢性的な睡眠の問題は、多くの精神疾患に共通する感情的な脆弱性と否定的な思考につながることがよくあります。

毎晩の休息を妨げる可能性のある80種類以上の睡眠障害があります。不眠症、睡眠時無呼吸、ナルコレプシーは最も一般的なものの一部です。その他には、むずむず脚症候群や睡眠歩行などの運動関連障害が含まれます。睡眠障害のある人も不安障害を発症する可能性が非常に高いです。

睡眠不足も不安を高める傾向があります。あなたが眠っていないとき、あなたの心は最高のパフォーマンスで働いていません。これまで気にならなかったことは、脳が休むことができないときに大きな迷惑になることがあります。

睡眠不足は多くの健康上の問題を引き起こす可能性があります。あなたは人生でこれらの問題に気づいたかもしれません、

そしてあなたは睡眠不足と不安がどのように影響するかについて心配しているかもしれません。

これらの影響の一部は次のとおりです。

•免疫システム低下

•心臓病リスクが向上

•思考と判断の障害

•記憶の問題

•体重の増加

サイクルを破る方法

良いニュースは、睡眠不足と不安の悪化という下向きのスパイラルに我慢する必要がないということです。不安を治療することができれば、睡眠は改善されます。睡眠障害を治療できれば、不安も和らぎます。

夜間の不安や睡眠の問題に対処するために役立つことをいくつか紹介します。

リラクゼーションテクニックを試す

瞑想、ヨガ、マインドフルネスは、不安に対処するための素晴らしい方法です。これらのプラクティスの多くは、心を静め、不安を生産的な方法で見るのに役立つように設計されています。研究は、瞑想が思いやりと共感に関連する脳の部分で灰白質を成長させることを示しています。これはあなたがより良い人になるのを助けるだけでなく、全体的にあなたのメンタルヘルスを改善するのを助けます。

就寝前のダウンタイムのスケジュール

毎日一日中忙しいとしたら、脳は何が起こっているのかを処理する時間がありません。体が眠りにつく準備ができる前に、あなたの体はまた、落ち着く時間を必要とします。時間をかけて何かを読んだり、瞑想したりして、1日中だらだらしていた考えを整理してください。ジャーナリングやリラックスした散歩など、リラックスして心を眠らせることもできます。

寝室ではパソコンやスマートフォンの画面を見たりしないことです。

エレクトロニクスが睡眠に影響する原因がいくつかあります。最大のものの1つは、LEDスクリーンからの青い光がメラトニンを発達させるのを脳が困難にすることです。このホルモンはあなたの睡眠/覚醒サイクルを制御し、あなたが継続して充分に眠ることを邪魔します。テキストや通知に起因するノイズも脳に警告を発し、準備が整う前に目を覚ます可能性があります。スマートフォンが睡眠を妨げるのではなく、休憩中に別の部屋で充電してみてください。

アルコールとカフェインを制限する

研究によると、アルコールとカフェインは睡眠に深刻な影響を与える可能性があります。血中アルコール濃度が正常であっても、レム睡眠が低下し、より頻繁に目覚める可能性があります。一方、カフェインは、睡眠を誘発する化学物質を遮断し、アドレナリンを増加させることによって機能します。これにより、私たちの脳はあなたの周りで何が起こっているのかをより注意深く認識できるようになります。これらの物質を制限したり、食事から取り除いたりすれば、脳が変化せずに機能できるようになるため、夜間の睡眠が改善されます。


日中の運動

定期的な運動により夜の睡眠が容易になることを示すいくつかの研究があります。ある研究では、定期的に運動することで睡眠の質と長さ、さらには日中機能する能力が向上することがわかりました。この研究のほとんどの人は、以前よりも1時間多く眠り、眠りにつくのに苦労する頻度を減らしました。これらの研究結果に加えて、運動は、座りがちな生活の中で蓄積する不安エネルギーを燃焼させるための優れた方法です。

不安や睡眠障害は、生活の質を妨げ、全体的に気分を悪くする可能性があります。ただし、不安と睡眠負債のサイクルから生じる影響だけに対処する必要はありません。 スパイアは、呼吸をコントロールし、マインドフルネスを高めて、不安を取り除き、夜の睡眠を改善するのに役立ちます。今日、スパイアの呼吸の科学をチェックしてください!

https://www.spirejp.com/blank-5

12回の閲覧