マインドフルネスで休息する



ベトナム出身の禅僧 ティク・ナット・ハン師は ノーベル平和賞の候補にもなった詩人であり平和活動家です。

ティク・ナット・ハン師は自ら設立した瞑想コミュニティ プラム・ビレッジに住み世界に向けて「マインドフルな生活法」 の指導に当たっています。マインドフルネスの実践を通じて 「過去や未来ではなく、今現在に生きること」 を私たちに教えてくれます。

スパイアストーンには瞑想コミュニティであるプラム・ビレッジが 監修したマインドフルネス音声ガイドがありティク・ナット・ハン師の教えに 触れることができるんですよ。

最近出会ったティク・ナット・ハン師の言葉で心に響いたものをご紹介しますね。

“It's very important that we re-learn the art of resting and relaxing. Not only does it help prevent the onset of many illnesses that develop through chronic tension and worrying, it allows us to clear our minds, focus, and find creative solutions to problems.”

「私たちは、休み方、くつろぎ方を いま一度学ぶ必要があるのです。 休むことや、くつろぐことは慢性的な緊張や心配から発症する 多くの病気を予防するだけでなく私たちの頭をクリアにして、集中させ 問題に対してクリエイティブな解決策を見つけさせてくれるのです。」

新型コロナウィルスの流行でいつもより忙しく、休むことができない方もいると思います。 反対に、いつもより時間がある方もいるかもしれません。 この機会に、休むということそして休み方についてあらためて考えてみませんか?



ただいまスパイアストーンもお得!春の新生活応援フェアを実施しております。 ストレス、睡眠、不安障害にお悩みのある方はこちらをご覧ください。https://www.projectrenaissancejp.com/shop