フィットネスはお金より人を幸せにする⁈




医学雑誌「The Lancet」に掲載されたイェール大学とオックスフォード大学の合同研究によると、運動がもたらす多幸感がお金よりも人を幸せにすることが明らかになりました。


研究者は、約120万人の成人の精神状態と身体的な行動に関するデータを分析しました。 かなり大規模な研究ですよね。


被験者は、収入と身体活動レベルについて質問を受けた後に「ストレスやうつ病、感情的な問題により気分が優れないと感じたことは何度ありましたか?」 という質問に答えてもらいました。


その結果、定期的に運動をする人が「気分が優れない」と感じるのは平均して年間35日。 運動をしない人が「気分が優れない」と感じるのは、平均して年間53日でした。

さらに、定期的に運動をする人は運動はしないが、年収が約2万5千ドル(約271万円)多い人と幸福のレベルが同等であることも分かったそうですよ。 興味深い結果ですよね。



面白いのは、運動をしすぎるのは逆効果だということ。 この研究によると、30〜60分の運動を週に3〜5回以上行うと、メンタルヘルスに悪影響を及ぼすということが分かったそうです。

幸せをもたらすものとして運動とお金を比較するところが面白い研究ですね。



とにかく、適度な運動が幸福度をアップしてくれるということは間違いないようです。 スパイアは、毎日あなたのアクティブ量をモニターし歩数と消費カロリーを記録するので モチベーションアップにつながります。 スパイアについて詳しくはこちらをご覧ください。 https://www.projectrenaissancejp.com/

Copyright ©株式会社プロジェクト・ルネサンス All Rights Reserved.