チームにおける「心の安全」とは?



テレビ番組FOOT x BRAINに チームビルディングの指導を行っている福富信也さんが出演していました。

福富さんは、2019年シーズン前半に4勝8敗2分と低迷していた。 Jリーグのヴィッセル神戸のチームに シーズンの中断期間中に呼ばれチームビルディングの指導を行いました。

その結果、シーズン後半は10勝7敗3分けで、元旦の天皇杯決勝では クラブ初のタイトルを手にしたのです。劇的な変化、すごいですよね。

福富さんは、チームビルディングにおいて 大切にしていることの1つに「心の安全」というものを挙げていました。

これは、お互い安心感、信頼感のあるチームを築くということでチーム内でよくしゃべる人もおとなしい人も、意見の衝突や食い違いを恐れずに発言できることが大切なんだそうですよ。

福富さんが面白いゲームを紹介していました。 まず、チームの一人ひとりに30秒間の間で「〇×ロール」という言葉を思いつくだけ書き出してもらいます。 皆さんもやってみてくださいね。 最初は意外と難しいかもしれません。

エンドロール、コレステロール コントロール、トロール、トリコロール などなど… 色々な答えが出てきますね。 このゲームの目的は、同じ課題が与えられても答えは人それぞれで、色々な考え方があると 認識することなんだそうです。

このように、色々な意見が出された中でみんなが納得できる答えを出せるよう リーダーが導き、議論をしていくことが大切なんだそうです。

また、福富さんは、情報化が進んだ今の社会ではリーダーが上、選手が下という トップダウン型の指導には限界があると考えています。


「心の安全」が実現したチームは選手たちも議論を重ね、意思決定に関わった分だけ責任感も生まれリーダーの指示、命令だけに頼らずチームが発展していけると話していました。

とても興味深く、説得力があるお話でした。スポーツだけでなく、ビジネスの世界でも あてはまることが多くあると思います。

「心の安全」はストレスマネジメントに応用できますね。