ストレスで白髪が増えるってホント?



昔から、ストレスが増えると白髪が増えると言われていますが それは科学的に正しいのでしょうか。 フランス革命で処刑されることになったマリー・アントワネットは ショックのために一晩で白髪になったという伝説もありますよね。

ハーバード大学の幹細胞再生生物学の研究チームが、ストレスにより 白髪ができるメカニズムを解明しました。研究チームは本来なら色がある髪の毛の色素が なぜストレスによって抜けてしまうのか あらゆる可能性を実験で検証しました。そして、ストレスを受けたときに交感神経から放出される「ノルアドレナリン」という神経伝達物質が近くの色素細胞に取り込まれることを 突き止めました。

通常なら髪が生えてくる時に毛根近くの幹細胞が色素細胞に変化し髪の色素を作り出すところノルアドレナリンがあると幹細胞を過度に活性化させ早い段階で色素細胞に変化させてしまうため色素を作り出せなくなる、ということが判明しました。実験で、マウスにストレスを与えてその変化を観察するとわずか数日ですべての色素細胞がその働きを失い、二度と色素を作り出すことはできなかったそうです。つまり、ストレスで一度働きを失った色素細胞のダメージは回復することがないということです。 ストレスは、こんな形で体にダメージを与えているんですね。この研究を行ったチームも ストレスがこれほど髪の色にダメージを与えるものだとは想像していなかったそうです。「最近白髪が増えてきたかな」と思ったら、自覚していないストレスがないか、ぜひ自分のストレスレベルを見直してみてくださいね。



Copyright ©株式会社プロジェクト・ルネサンス All Rights Reserved.