ウォーキングで脳の老化を防止



アメリカのデューク大学で行われた研究によると、軽い運動は 脳の老化を防止することが分かりました。

実験は、記憶や思考に少し問題があると自分で感じている 55歳以上の人160人を4つのグループに分けて6ヵ月間行われました。

① ウォーキングやエアロバイクを 毎日続ける。 ② 食生活を改善する。 ③ ①と②を両方行う。 ④ 健康に関する勉強をする。

その結果、①と③の軽い運動を続けたグループには注意力や行動を選択する力 頭を整理して目標を達成する力などの脳の機能に改善が見られたんだそうですよ。

③のグループにはより大きな改善が見られました。 食生活の改善はフルーツや野菜の摂取を増やし質のいい油をとり、塩分や糖分を減らし 飽和脂肪酸の高い肉や乳製品をを制限したそうです。

この研究を行ったデューク大学のJames Blumenthal教授によると これは、脳の年齢を9歳ほど若返らせたのと同等の効果なんだそうです。


すごいことですよね。

毎日の軽い運動、そして食生活の改善で脳にとっていいことがたくさんあるんですね。 無理のない範囲で、日々の生活に取り入れてみてくださいね。

スパイアは、アクティブな時間歩数、消費カロリーを記録するので 軽い運動を毎日のルーティンに取り入れたい人におすすめです。 データが目に見えるとモチベーションアップにつながりますよ。

ただいまスパイアストーンのヴァレンタインセールを実施しています。 詳しくはこちらをご覧ください。 https://www.projectrenaissancejp.com/

Copyright ©株式会社プロジェクト・ルネサンス All Rights Reserved.