アンガーマネジメントのコツとは?

昨年、兵庫・明石市の泉房穂市長が暴言によって辞職に追い込まれた ニュースを覚えていますか?

再選を果たした泉市長が怒りの感情をコントロールするために 取り組んでいるというアンガーマネジメントについて テレビで取り上げられていました。



日本アンガーマネジメント協会の戸田久実理事によると、怒りのピークは 長くて6秒で、それをやり過ごすトレーニングが必要なんだそうです。

トレーニング方法は、6秒間の間に

・その場を立ち去る。 ・心の中で「まあ、いっか」「大丈夫」などの言葉をつぶやくやり方が効果的とのことです。 また、ストレスを感じカッとなった自分を客観的に見られるようになることも大切なんだそうですよ。



戸田理事は、アンガーマネジメントの技術を学ぶだけではダメで 何度も練習することで活用することができるようになると話していました。 コメンテーターのアン・ミカさんは誰かにカッとなった時は宛名のないメールを書いて下書きに保存し次の日に読み返してみると怒りの気持ちはだいたい消えていて自分が理性を失っていたことに気が付くと話していました。 怒りの気持ちは一旦置くということが大事なんですね。

怒りという感情は、進化の上でなくすことができないものかもしれませんが… 自分に合った方法で怒りをエネルギーのブースターにかえると新しい自分らしさが生まれるのかもしれませんね。


Copyright ©株式会社プロジェクト・ルネサンス All Rights Reserved.