あなたの睡眠習慣、そのままで大丈夫?

最終更新: 2019年12月29日

「理想の睡眠時間は7~8時間」 などという話もよく聞きますが 「適切な睡眠時間は人によって異なる」 という見解もありますよね。

私の場合、6時間以上よく眠ることができると 朝起きるのが辛くなくなり 翌日仕事をしていても眠くなることがない ような気がします。 そして何より違うのは、イライラすることが 少なくなることです。 睡眠時間が6時間以下になってしまったり 夜中に何度も目が覚めてしまった翌日は 気持ちに余裕がなく、ちょっとしたことでも イライラしてしまうのです。

私はスパイアヘルスタグを使い始めて 1年ほどたちますが ヘルスタグには毎日の睡眠データが 記録されるので、自分の睡眠を 毎日意識することができるようになりました。

最近は暑さのせいか、自分がベッドに入ってから 実際に寝付くまで、時間がかかっていることが ヘルスタグの記録からわかりました。

そこで毎日寝る前に スパイア社のブログに紹介されていた 4-7-8の呼吸法をやってみることにしました。 安倍首相もやっているというこの呼吸法 ご紹介しますね。

まず完全に息を吐き切ります。 鼻から息を吸いながら4つ数えます。 息をとめて7つ数えます。 8つ数えながら、口から息をゆっくり吐きだします。

この呼吸法を始めてから 気持ちが落ち着き、体の緊張も和らいで 以前より、すっと眠りにつくことが できるようになりました。 寝る前にベッドの上にあぐらをかいて この呼吸法をやることが、毎日のルーティーンとなり 体も「寝る時間だ」と感じ取っているような 気がしています。

あなたもスパイアで睡眠習慣を見直してみませんか? まずは、自分の睡眠時間、睡眠の質に 目を向けることから始めてみてください。

スパイアについて詳しくはこちらをご覧ください。 https://www.projectrenaissancejp.com/




Copyright ©株式会社プロジェクト・ルネサンス All Rights Reserved.